全国各地のかまぼこ情報をはじめ、福岡・博多の蒲鉾屋 豊島蒲鉾のおつまみかまぼこのランキングや催事情報、お客様のメッセージなどを発信。Webでのカマボコ体験に挑戦中!

長崎県

・でんでら竜も出てくるくらい美味い蒲鉾み~つけた!!

長崎といえば、昔からオランダや中国など緒外国と交流があった土地。
異文化と日本文化の融合やキリスト文化を垣間見れる場所ですね。
出島や大浦天主堂、原爆資料館に眼鏡橋など、修学旅行のスポットに上げられる場所も沢山あるのが特徴です。
中華街も有名で、ちゃんぽんや皿うどんは長崎を訪れたら一度は食べてもらいたい食べ物です。
そして、そのちゃんぽんや皿うどんに欠かせないのが蒲鉾。
色合いを考えて鮮やかなものがつかわれていますが、長崎は離島が多く魚介類にめぐまれているのもわすれてはいけないですね。

長崎ハトシロール

エビのすり身をパンで巻いて揚げた一品で、今ひそかにブームなんだとか。

“ハトシ”とは、江戸時代から長崎市内に伝わる伝統料理の一つで、本来は広東語で「蝦多士」と表記されてたんだそうです。
エビを意味する「蝦(ハー)」と英語のトーストを音訳した「多士(トーシー)」に由来しているんだとか。

こんがりきつね色の揚げたては、カリッふわーな食感はお惣菜だけでなく、小腹がすいた時のおやつとしてもいいのでは?
ちなみに、味はプレーンとチーズの2種類
お問い合わせ:長崎一番
http://www.n-ichiban.com/

五島名物「五島巻」

漁師町に昔から伝わる郷土料理の一つだそうです。
お祝い事や祭りの席には欠かせない一品だったそうで、中に巻き込まれている昆布は「珊瑚」とか、「もみじ」の模様を表したといわれているそうです。
このお店のは富山の昆布巻きとは逆なんですね?
※勿論昆布で巻いた形のものもありますよ。
お問い合わせ:五島列島 株式会社浜口水産 0959-86-0032
http://www.goto-maki.info/index.html

画像の説明

・食べました~ 
たしか、鯵と鯖と2種類の味があったような・・・
(チョット記憶が・・・)  
しかも、澱粉入りと無澱粉の2種類で、歯応えに相当な違いがあり
澱粉入りは柔らかく、無澱粉はしっかりな歯応え。
「食べた!」って感じです。  
鯵味のほうが私好みだったので今回は鯵をチョイス。
鯵の風味が厭味無く出ていて、魚好きにはたまらない感じ。
無澱粉と澱粉入りとでは値段にとっても差があり、たかだか1本購入するのにものすごーく悩みました。
迷った末に清水の舞台から飛び降りる覚悟で無澱粉にしました~。(大げさ?)
わさび醤油でとっても美味しくいただきました~。
ごちそうさまでした!!

五島名物「ばらもんあげ」

コチラも五島に伝わる揚げ蒲鉾だそうです。
「ばらもん」とは五島の方言で、「元気もの」という意味なんだとか。
プリップリの食感、揚げているのにあっさり。
こっちは五島巻で悩んでいる私におじさんが
「こっちも食べて~」
と差し出してくれたもの。
うーん本当はこっちが目的で買いに来たはずだったんだけどな・・・。

真空おさかなステーキ

ステーキのような蒲鉾!
見た目はステーキそのもの!
そんな練り物があるんですよ。
いわしと鯵をふんだんに使い、たまねぎで甘味もだしたこの商品。
その名も「真空おさかなステーキ」
脂身の部分も忠実に再現されているので自宅で肉代わりに食べても良し、贈り物にしてもうけること間違いなし。
お問い合わせ:杉永かまぼこ 095-820-1230 http://www.suginaga.co.jp/ 

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional