全国各地のかまぼこ情報をはじめ、福岡・博多の蒲鉾屋 豊島蒲鉾のおつまみかまぼこのランキングや催事情報、お客様のメッセージなどを発信。Webでのカマボコ体験に挑戦中!

東京都

東京都のカマボコ

・和風マシュマロ!?はんぺんって不思議なお味!?

日本の首都東京。
何でも揃っている東京はいま、「スカイツリー」で注目をあびていますね?
近くの商店街では早速便乗した商品がでていますし、首を上げなくてもいいように鏡に映して見やすくしてる店もあるんだとか。
そんな古い商店街が実は多い東京の蒲鉾屋は店は小さくても人情味あふれる感じで、なんともホッコリしてるのがTVの画像からでもつたわってきますね。
そして、蒲鉾屋に絶対にあるのがおでん。
店頭で美味しそうな匂いにつられて買う人も多いのでは?
そして、おでんの箱を覗くと、大根、こんにゃく、卵、牛スジ・・・・そしてはんぺん!!
温められてフックラと、そしてほんのり出汁色に染まったはんぺんは子供に大人気なんだとか。
そして、このはんぺん、東京を代表する練り物ってしってましたか?
江戸っ子の好きなカマボコ(練り物)を今日はさがしてみよう♪

はんぺん

実は、こちら九州では最近まであまり使われることが少なかった食材なのでは?
って言うものの一つがはんぺんなんです。
私がはんぺんを食べたのも15年くらい前が初めてで、出てきた瞬間に「?(なんだこれ?)」な感想でした。
もちろんそれまで自宅の食卓に出たことも無く、素材がなんなのか、どうやって食べるのかも謎の未確認物体だったんですよ。
今はメディアや流通のおかげで、「どちら様?」なことも無く、食卓に並べてますが・・・・。

駿河の料理人「半平(はんぺい)」が創案したことから転じてこの名が付いたと言われています。
はんぺんは淡白な白身魚のすり身に山芋などを練りこみ気泡を生地に含ませて作られてるんです。
この山芋がふくまれることで、ふんわりとした柔らかくて絹のような肌ざわりのはんぺんが出来るんですよ。

はんぺんはおでんとしてはもちろん、生でもOK!!
バター焼きにして仕上げに醤油をタラリ、ひき肉をサンドしてフライにしてもいいんです。
魚っぽくないので、子供のお弁当にもお勧め!
柔らかくて、クセがないので、離乳食にもよさそうですうおね。
柔らかくて色白なので、抜き型で抜いてケチャップやマヨネーズでデコレーションしてみるのも喜ばれそうですね。

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional