全国各地のかまぼこ情報をはじめ、福岡・博多の蒲鉾屋 豊島蒲鉾のおつまみかまぼこのランキングや催事情報、お客様のメッセージなどを発信。Webでのカマボコ体験に挑戦中!

宮城県

宮城県のかまぼこ

宮城県といえば、伊達政宗に、仙台七夕祭り、気仙沼のふかひれにさんま祭り・・・そしてわすれてならない「笹かまぼこ!!」
あの独特の形はどうやって出来たのでしょう?

笹かまぼこ

・笹かまぼこ誕生秘話

「ざんぎり頭を叩いてみれば文明開化の音がする」
文明開化も華やかな明治時代、ここ宮城の仙台湾では高級魚の一つ、ひらめが大漁。しかし、まだ冷凍技術も輸送技術も発達していない頃、せっかくのひらめも持て余す始末。
「折角の魚、どうにかならないだろうか?」
そんなとき、ひらめいた!
と、すり身にして串に刺して焼いてみたところ、これがまた美味い美味い!その焼きたての香りと美味しさにあっという間に広まっていくわけです。
その当時は、ベロという魚に似ているから、「べろかまぼこ」、手のひらに似ていることから、「ひらかまぼこ」、木の葉に似ているから「このはかまぼこ」とも呼ばれていたんだとか。
その後、伊達藩の紋が笹に雀だったことや、笹の葉に形が似ていること、竹や笹は昔より縁起が良いことから、昭和10年に仙台市内のかまぼこ屋が「笹かまぼこ」と命名したのが定着したんだそうです。

・ところで・・・

宮城県(仙台市)の特産品として名高い笹かまぼこですが、実際は旧仙台藩の特産品といったほうが良いのだそうです。気仙沼市、塩釜市、石巻市でも生産が高いのがその理由なんだとか。
実際、区別して「てのひらかまぼこ」としてもうりだされているんだそうですよ。
現在は、笹形の木枠や鉄枠にすり身を流し込んで作るのが主流で、高級品になると、一つ一つ手作りで成型して焼き上げるんだそうですよ。
他にも、宮城県はかまぼこの生産量が日本一なのも特徴!
ソレもこれも、気仙沼漁港や石巻漁港、塩釜漁港といった有名漁港の存在と笹かまぼこの歴史があってのことかしら~?

[宮城県/旬海堂(佐々直)] 佐々直 笹かまぼこお試しセット 【お試しセット】

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional